忍者ブログ

人気FX商材のパリス昼豚の5万円FXを高額キャッシュバックしているサイトをご紹介。

パリス昼豚の5万円FX【高額キャッシュバック】

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パリス昼豚の5万円FX 5600円引き

パリス昼豚の5万円FX

パリス昼豚の5万円FX 



下記のサイトで購入すると最大5600円引きになります!
パリス昼豚の5万円FX




わたしはいわゆるビギナーズ・ラックというものは経験したことがなく月単位でプラスになったのって

1回だけでした・・・。
それも+20万円だったんですが、次の月始まってそうそう3日間くらいで含み損▲60万円くらい抱えて、本当に自分が嫌になりました。
 

パリス昼豚の5万円FX

 

勝ってる人のブログを読んで、嫉妬したり、うらやましく思ったり、
何故わたしはこの人みたいに出来ないのか?勝てないのか?
って自分を責めたりしていました。

 
自分では「損切りできずにズルズル塩漬けしちゃうから」っていうのは分かってはいるんですよ。
自分に甘い、メンタル弱いことも十分承知しているんです。

 
でも気づいたら、なんか知らんけど、やらかしちゃってるんです。
 

 

そこで、

 
損切り出来ないのは、勝つ方法を知らないからだ!
勝てる保証があれば、損切りは苦痛では無くなるはずだ!

 
と考えて、勝ち方についての情報を集めていきました。

 
 

でも、どうにもこうにも勝てない!!
同じこと繰り返してるだけ・・・

 
一体なんで・・・?

 

 

 
ふと、昔ハマっていた成功哲学系の話を思い出しました。

  

 

 
成功者っていうのは、人それぞれ成功した方法・道筋は異なる。
それこそ成功者の数だけ成功法則がある。
でも、失敗するのには共通点がある。

パリス昼豚の5万円FX

 

 
で、トレードで勝つ王道って、「損小利大」ですよね。

 

 
勝率何て関係ない。
負けを小さく抑えておいて、勝ちでホームランをかっとばすのが勝つやり方。
って聞きますよね。

 

 

 
 

・・・わたしが見聞きした成功哲学の話と違うじゃん。

 
トレードで成功するのも、人それぞれ勝ち方が違ってていいはずなのに
「損小利大」じゃないと勝てない何ておかしいよね。

 

 

 
 

あ!

 

 

 
 

損小利大じゃないと勝てないって思い込んでること
その思いこみそのものが失敗する人の共通点ってことじゃない!?
それに、わたしがいろいろ本を読んだり、ブログ徘徊したりして集めてた情報って
勝ってる人たちのいいとこ取りだけしようとしていて、
1つの成功法則じゃ無くてグチャグチャにしてただけじゃない?
本質的なこと、根本的なことを考えてなかったんじゃないの?
 

そう気づいてから、

 

トレードで勝つ方法って
一般的に言われていることとか

 
 

勝ってるトレーダーは
こうやってるってイメージとか
 

 

そういうものを片っ端から疑ってみる、
反論してみると言う事をやって
みました。

 
揚げ足取りの嫌味な小姑っぽいんですけどw

 
 

 

そのおかげか、自分には何が合ってるのか、どう言う事なら出来るのか
そういう「己を知る」ことに頭を使えるようになっていきました。


そこから、「自分なりの勝ち方とは?」という点が段々と考えられるようになっていきました。

 

 

 

 

 

成功者の数だけ成功法則はある、と言う事は
トレードで勝つにも、自分なりの1つの完結してる勝ち方・体系が必要ってことでは無いか?
つまり、自分のトレードスタイルっていうのが重要ポイントなんだ!
と言う事にわたしは気づきました。

常識を疑ってかかることで、段々と自分が見えてきていたので、より詳細に調べようと、見たくもなかった自分のトレード履歴を見返して、自分の勝ちパターン・負けパターンを調べて傾向を見たり、トレードしているときにストレスを感じていたことを書き出したり、トレードに求めていることを改めて考え直してみたりして、深く掘り下げていきました。

そうしているうちに、
段々と自分のトレードスタイルがどういうものかが見え始めてきて
じゃあ、それを実現する為にどういうプレー=トレードのやり方をすればいいのか?
も具体的になっていきました。

トレードスタイルが明確化する
→やるべきことが具体的になる
→自分でやれそうだって光が見えてくる
→じゃあやるしかない!

他人と比較してどうこうではなく、
自分のやるべきこと・出来ることに
集中する。

そんな気持ちになっていきました。

そこから、自分なりに
過去チャートでの検証作業をして、
手法・ルールを固めていけるように
なりました。

手法・ルールが固まってくると、自分に必要なトレードスキルっていうのも課題として明確に分かってきました。

わたしの性格に合っているのは、
・損小利大ではなく、損小利小
・1日の目標は20~30ピップス
・短時間でサクッとそれを取れるようにする
・難しいこと・複雑なことは混乱するだけだから、やらない
・移動平均線だけを使ってシンプルにチャートを見る
・負け続けてた経験から、怖いので小額でスタートする
・小額でスタートする分、複利効果の恩恵にあずかっていく
・かと言って倍々ゲームのような欲に目がくらんでいるやり方ではなく
・コツコツ毎日、安定して継続出来るように長期目線で考える

こういうトレードスタイルでいこう! これならいける!
と考えました。

FX会社ランキング

 

 

 

わたしはFXを始めた当初は、エクセルで複利計算をやってみて、
「1億何てすぐじゃない?億万長者セレブも夢じゃない!」と妄想してウヒウヒ言ってました。
非現実的な計算をして頂けなのに・・・

「マーケットの魔術師」で、マーティー・シュワルツが
 

夢で見たより
もっと成功出来ると思いなさい。
わたしはそうだった。
と言ってます。

わたしの場合は
夢で見たよりもっと負けてて奈落の底なんですけども・・・どう言う事?
って思ってました。

地に足つけずに、楽して手っ取り早く億万長者になれる何て話はどこにもありはしないのだ!
と言う事に、2年も負け続けていたら、さすがのわたしも気づくことができました^^
 

パリス昼豚の5万円FX パリス昼豚の5万円FX

 

そこで、自分のトレードスタイルを明確にしていくことと同時に、
自分の現在の実力や性格等から
 


 

 

現実的に考えた計画を
立てることをしました。


1日20~30ピップス目標で小額スタート
その条件で、いろいろと数字を変えて
計算していった結果、

5万円ぽっちでスタートしてコツコツやってても、月収100万円って現実にいけそうじゃない!ってことが分かりました。

これをはっきり認識できたことで、
より一層、損小利小スタイルで必要なトレードスキルを身につけることだけに集中出来るようになりました。

トレードスキルを身につけるデモ期間というのは必要ですが、焦らず欲張らず、しっかりと準備
すると、リアルトレード開始から半年くらいで月収200万円(税率50%として手取り100万円)が見えてきます。
小額スタートなので、最初は、目指す月収を実現する為の元手確保まで資金を増やしていく必要があります。5万円でスタートした場合は、3ヶ月~半年程コツコツ頑張れば手取り100万円が実現できます。

そこまで目指さ無くても・・・という場合は、5万円FXには手取り10万・30万・50万・100万の4つ
のコースの計画表を載せていますので、参考になるかと思います。

レンジブレイクFX PriceSurferEA バンドブレークFX 3star‐signal USDJPY マネクリFX

  

   

 

  

月の手取り100万・50万・30万・10万を目指す
4コースそれぞれの計画表 
 

  

 

 

トレードスタイルを明確にして、計画表も手にしたら、あとはひたすら目標を達成出来るようトレードスキル向上に努めます。

5万円FXでは
1日の目標が20~30ピップスで、
わたし自身はユーロドルとドル円を
トレード対象にしていますが、
ドル円は感覚的な所、
裁量の部分が強くトレードしていて
説明しづらいので5万円FXでは
ユーロドルの手法のみ
説明しています。

ユーロドルのみでも、
1日20~30ピップスの目標は
十分達成できます。

1度トレードを始めたら
最長3時間で終了する
というルールを作っていて、
短時間で集中して、
1日に15ピップス×2回を取ることを目安にしています。

わたしは、欧州時間にトレードする事が多いですが、それ以外の時間帯では勝てないというわけでは御座いません。
午前中2~3時間、午後から夕方のどこかで2~3時間、夜2~3時間
のどれか1つか2つでトレードできれば、目標はクリアできます。

数ピップスを抜いていくスキャルでは御座いませんが、デイトレと言い切ってしまう程のピップスを狙ったり長時間保有をしたりするわけでは無いので、スキャル寄りのデイトレという感じになります。

利小狙いではありますが、少ないピップスでも取れそうな所全てを狙ってエントリーするわけではなく、期待値が高くなるポイントだけを狙って行きます。

使用しているのは移動平均線で、基本はトレンドの押し目・戻りを狙う順張り(トレンドフォロー)です。

レンジブレイクも狙いますが、単にブレイクしたらエントリーするわけでは無いです。
相場状況にもよりますが、きちんとブレイクしたと判断する為のサポートとレジスタンスの使い方を説明しています。

使用するチャートは日足・1時間足・5分足の3種類で、日足・1時間足で大きな流れを確認して、5分足をメインにトレードをします。
日足・1時間足のトレンドと一致する方向だけを5分足で狙うやり方では御座いません。

相場状況には関係なく、資金管理とメンタル面の管理を考え合わせて
エントリー後に必ず▲20ピップスにストップを入れるという損切りルールにしていますので
▲20ピップス以下の損失可能性で抑えられるかつ利益が見込める

そういうポイントを判断して、そこまで待ってからエントリーするのが基本の考え方になります。
▲20ピップスは損切りの上限というだけなので、それ以下で損切りする判断は必要になります。
また、利食いは完全に裁量になります。

5万円FXで説明している手法は完全裁量トレードで、明確な売買サインが出るわけでは無いので、人によって成績にはバラつきが出ます。自分の裁量・判断力を日々向上させる努力が必要になりますので、直ぐに勝てるようになりたい、誰にでも同じ明確な判断基準が欲しいと考える方には向いていないと思います。

 

 

豊富な図解・チャート入りで詳しく説明

 

 

手法・ルールを理解したらデモトレードでスキルUPをして行きます。

 

デモトレードをやる目的は、手法とおりにやればトータルでプラスに出来るかどうかでは御座いません。

  
勝ったか負けたか、利益が出たか、損失が出たかという結果は、自分の現状レベルを示す指針ではありますが、
・勝てるスキルが本当に身についているのかどうか
・自分の心理&行動パターンを自分で把握できているのかどうか
は勝ち負けの数字だけ見ていても分かりません。

 
極論すると、勝ち負けはトレードの練習をしている間はどうでもいいことだとわたしは思っています。

 
勝ったか負けたかの結果よりも、
どう勝ったか負けたか、何故勝てたか負けたかのプロセスを深く掘り下げて、
・手法やチャートの見方等テクニックの部分で改善すべき点があるのか
・それとも心理面で改善・対処すべき点があるのか
を区別した上で明確にしていって、それを具体的な課題として設定して、その課題をひとつひとつ
クリアしていくことがリアルトレード前の準備期間ですべきことだし、それが総合的なトレードスキル
UPにつながると考えています。

 
なので、目先の勝ち負けに一喜一憂したり、
最初から負けないように、あーでもないこーでもないと悩んだりするよりは
自分の負けるパターンを全て知り尽くせるまで100回でも1000回でも
先に負けてみたほうがいいんじゃない? だってデモだもん。準備期間だもん。
くらいに思っています。

 
勝とう、負けないでおこうと考えてデモをやるから、
勝ち負けの結果に、有頂天になったり、落ち込んだりするわけで
それはトレードスキルUPという目的とは方向性がズレちゃってるんじゃないかなと思います。

 
デモの目的は、自分がどういう状況でどういう気持ちになって、どういう行動パターンを取るのかをしっかり把握して、トレードで勝つための正しい心理コントロールと行動制御を出来るようになる事です。その心理コントロールと行動制御っていうのが、正しい方向性なのかどうかをチェックする為に、自分のトレード結果の数字を見るだけです。

PR

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
パリス昼豚の5万円FX
性別:
非公開

ブログ内検索

アーカイブ

Copyright ©  -- パリス昼豚の5万円FX【高額キャッシュバック】 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]